2012/03/11

あの日から1年。


いろいろ思うことはあるけれど、
過去を受け止めながら、未来をつくるための、
そうした区切りの一日に、今日がなるといい。

そんなことを考えながら、
花火を見たり、黙祷したり、家族とメシ食ったり・・・。

たまたま、あの日の数カ月前に気仙沼へ行ってた。
だから、特に用事もなかったけれど、その1年後に再訪した。
そこで感じたのは、僕にできることは、ほとんどなにもないということ。

だからこそ。

自分ができることを、
自分ができる範囲でやっていきたい。


さて。

1年間、僕らもいろいろ影響を受けたけれど、
塾生に対していちばん大きかったのは、
たぶん、祝賀会を開けなかったこと。
その分の気持ちも込めて、今年は盛大にやるよ。

道伴舎卒塾パーティー2012。

卒塾する塾生で、参加したい人は全員おいで。
過去に退塾してたりしたって、なにも問題なし。
一人ワンコインかかるけど、それだけ許してね。

詳しくはこちら


なんでも屋のうちの「用務員」が、追っかけてくれてます。

お楽しみに!