2012/03/09

モノサシを超えて


女の子はいった。

「内定を取ることが目的になってたんですよね」
「最近ようやく、自分にあったシゴトって
何だろうって、考えられるようになりました」

ふむふむ。


自分にあったシゴトって、難しいよね。
だって、どれが自分にあっているかなんて、
やってみないと絶対にわからないのだから。

「自分にあった恋人って、どんな人なんだろう」
そんなことばかり考えていたら、
誰とも付き合えないまま歳を重ねる。

そのことを経験的に知っているからこそ、
僕らはどこかで「エイヤッ」と決断できる。

「情報過多な現代だから、
つい他人のモノサシで考えてしまいがち。
それじゃハッピーになれないから、
自分のモノサシを持つことが大切なんだよ」

ってなことを言われることが多い気がするけれど、
「自分のモノサシ」も、たいしてアテにならない。
だって、いま手持ちのモノサシで測れるほど
1年後の自分って、ちっぽけな人間じゃないぜ。


そもそも、自分のモノサシって思っていたものが、
じつは他人のモノサシだったなんてこともあるわけで。

自分の可能性を、
今のモノサシで限定する必要なんて、ない。

だから。


世界から送られるシグナルに、素直に耳をすませたい。
好き、直観、innner voice、、、言葉はなんだっていい。

そうすれば、
モノサシを超えた世界に踏み出せる。
変わりゆく自分を、楽しめる。

これって、受験や就活のような大しけの嵐でも
波を乗りこなしてゆく生存戦略だと思うんだよなぁ。