2012/04/16

今週末は京都へ


桐山が遊びにきてくれた。
最初に会ったのは、
たしか桐山が大学1年の秋だったかな。
僕が東京と京都をいったりきたりした後、
コテツくんがひとりで常駐するようになって、、、

その頃の京都校は古いお屋敷の一室でさ。
西陣の、庭に蔵があるおおきな京町家で
夜中にトイレへ行くのが、ほんとにこわかった。

桐山はそんな指導室に
はじめての京都校スタッフとして、
自転車で鴨川を超えて通ってきてた。
その後に加藤ちゃんと副島が加わって、
明くる4月からは担当がしおめにかわり、
京都校も吉田神社のふもとに移して新体制スタート。

それからもずっと、京都校のエースとして
ある時期はほとんど毎日のように出社して、
指導でも裏方でも京都校を支えてくれました。
それが、だいたい2年前のこと。

ひさしぶりの桐山は
ネクタイの似合う素敵な男になっていた。
しおめが「親心をはじめて知りました」なんて、
うる目で言ったとか言ってないとか。

今週末は京都へ出かけます。
きっかけは卒塾生にイベントへ招かれたこと。
せっかくいただいたお誘いなので、
うちのフルタイムのメンバーとともに、
春の社員旅行みたいな気分でたのしんできます。
あたらしくできた用務員室から、
たぶん、その道中も伝えられる、、、はず。

1年前、京都校を閉めたときはバタバタしてて
お世話になった人にろくな挨拶もできなかった。
そんな人たちのことも思い出してみたい。

ところで、あの寒くて暗いお屋敷で
一冬を過ごした初代京都校リーダーは
鹿児島で元気にやっているのでしょうか。
たった2年なのに、ずいぶんと懐かしい気がするよ。

卒塾生との対談も残すところ1回。
   更新するコツをつかんできた、かも。