2012/06/01

君の本気が見たい。


「受験が終わったのにこんな場所に来るのはアホだし、
俺自身、これ以上無い時間の無駄だとも思うんだが」
2chに書きながら受験にかかわりはじめて10年目。

その間、勉強法や生活スタイル、
あるいはいかにモチベーションを保つかといった
「受験技法」については繰り返し考えてきた。
多くを語ったし、文章を書いたし、本まで出した。
自慢にもなんにもならないことだけれど、
その点にかけてはプロとしての自負もある。

その上で、いま思うことは。

人にやらされるのではなく
自分で主体的に勉強しようとすれば、
受験技法なんて後からいくらでもついてくる。
それよりも、なぜ受験をするのかという「理由」を
どれだけ強く胸に抱けているのかが決定的に大事だ。

たぶん、それは受験勉強だけじゃなくて。
仕事をしていても経営をしていても
小手先のテクニックが不要だとは言わないけれど、
そもそも「何のためにこれをやるのか」という
夢みたいなものがなければ「本気」にはなれない。

あたりまえのことなんだけどさ。

誰も彼もが本気になれるわけじゃない。
僕にだって、本気になれる時となれない時がある。
生涯一度も本気になれないという人もいるだろう。

「逆転合格」みたいなストーリーは、
受験に限らず「本気」になった時にのみ生まれる。
人生の中で「頑張るべき時」と「本気になる理由」とが
幸運にも重なった時に人は成功譚を語れるのだろう。

人が本気になった時のパワーは、すごい。
そこには生身の人間の情熱と、感動的な物語がある。
それは塾生だけでなくスタッフだって同じ。
その瞬間に出くわすために
僕はこの仕事を続けているのかもしれないな。

◎昨日も体調不良の西山に代わってガタさんが指導。
   おつかれさまでした~!