2012/06/11

新連載、はじまりましたー。


いろんなことが起こった週末で
まだ考えがうまくまとまらないので、
今日のところは行動記録を書くに留めます。

土曜の夜は、僕が20代でいちばん影響を受けた
本の著者とお会いして話をする機会を得た。
考えてもない時に思わぬ方向からは訪れるもので、
自分の生き方を見つめなおす貴重な時間になった。

日曜の夜は、道伴舎スタッフが集まる会。
指導の曜日が重ならないスタッフ同士だと
あまり話したことがなかったりする中で、
はじめて2012年度フルメンバーで集まり語り合った。
しかも、道伴舎としてはめずらしく渋谷まで繰り出して。

その会がはじまるまでの昼間は
知人の「一日限定カフェ」を開く手伝い。
近々どこかのお店を(キッチンごと)借りきって
「道伴舎ナイト(仮)」を開くので、その勉強も兼ねて。

月曜の大隈塾にはじまって日曜のスタッフ会まで、
僕にとってはかなり濃密な一週間でした。
どんなことを感じたり考えたりしたのかは
追々、ここでつらつらと書いていこうと思います。

それはともかく。

◎今日のところはこの新連載をどうぞ。
   5年前、富山の雪深い山奥で落ちこぼれていた
   元塾生がデリバリーする「焼きたてのお話」です。