2012/06/22

「日本の規格外の人のための場を!」


何気ない瞬間にふっとアイデアが浮かぶ。
すぐに登録してあるiPhoneのとあるボタンを押す。
すると自分の登録したメールボックス宛に
メッセージを書くウィンドウが開いて、
そこにアイデアを書き付けてメールを送る。
後でパソコンからメールボックスを開くと
アイデアとタグの付いた未読メールが届いている。

先日、こんな一行をそこに書きつけていた。
「日本の規格外の人のための場を!」
この核となるのは「規格外」というキーワード。
これを中心に話を展開したら
めちゃめちゃ面白いぞとワクワクしていたら、
ふっと気がついた。
あれ、これ、どこかで見たことあるぞ……。

そう思って脳のメモリをサーチすると
「茂木健一郎」という言葉が浮かんでくる。
あっ、これモギケンが言ってなかったか。
Googleで「規格外 茂木健一郎」検索する。
うわー、どんかぶりじゃねーか。
おもいっきりここからのパクリになるな。
脳って怖いな。こりゃ書けないぞ。
はてさて、今日のくーねる何書こう。

というわけで、ここに至るプロセスを書いてみた。
「日本の規格外の人のための場を!」
このテーマは日を改めて別の形で書きますよ。

◎来たれ、規格外の若者よ!
   何を言いたかったのかは、リンク先をどうぞ。