2012/07/25

指導スタッフの「魂」を新調する。


僕らにとって「ヘッドセット」は
武士の魂にあたる「刀」のようなもの。
これがなくちゃ、指導がはじめられない。

指導時刻の数分前にこれを装着して、
お馴染みのSkypeの「Echo/Sound Test Service」や
他のスタッフに発信して通話品質を確認する。
そうして準備が整ったら塾生からの着信をじっと待つ。
指導時刻になるとスカイプの着信音が一斉に鳴って、
「いってきます!」「いってらっしゃい!」
という威勢のいい声が指導室を飛びかう。
そしてヘッドセットのマイクへと、僕らは言葉を放つ。

そんな指導の要ともいえるヘッドセットを
本日、すべて新しい型のものに切り替えました。
さきほど出社した町元によれば
「フィット感がやばい」とのこと。
前のものより集音性や機能がよくなってるので、
これまでのものより通話品質も高まって、
機材トラブルもなくなる・・・はず。

今日は水曜日で「男塾」の日。
いつもよりひときわ大きな声で
「いってきます!」「いってらっしゃい!」
という声が飛びかう曜日。
新調されたヘッドセットの並ぶ指導室を見ると、
指導がはじまるのが、いつにもまして楽しみです。

用務員室も、どうぞ!