2012/07/27

Think Long, Act Now!


今日は連絡をくれた昨年度の塾生とランチ。
「憧れていた大学に入ってみて
楽しくはあるけれど、思っていたほどじゃない」。
という嘆きをしばらく聞く。
うんうん、なるほど、うん、よくわかるよ。

でもね。

それは多かれ少なかれ大学生なら誰もが通る道でさ。
ここで一歩踏み出せるか否かでその先が決まる。
つまり大学四年間が決まるということだし、
ひいては大学の過ごし方で一生も大きく変わる。
それを制すれば戦いに勝てるという意味で
「受験は夏が天王山だ」とよくいうけれど、
大学一年生の夏休みもまた人生の天王山なんだ。

でも、もっと踏み込んで言えば
僕らはいつだって天王山の山頂にいるようなものだ。
この一瞬に、この一日に、全人生がかかってる。
受験も、大学生活も、仕事だってそう。
その覚悟で日々学び、動き、そして走らなきゃいけない。

といったようなことを彼には語ったのだけれど、
一方で、長いスパンで物事を考えることも大切だ。
僕らはやっぱり目の前のことに気を取られるけれど、
(単位が取れなさそうだとか、彼女がいないとか)
そこだけを見ているとけっこうつらくなる時もある。
でも、目の前に起こる悩みや問題って、
10年後に振り返れば「ちっぽけだったな」ときっと思う。
30年後の自分にとっては、せいぜい笑い話に過ぎない。
嘘だと思うなら10年前の悩みを思い出してみれば分かる。

だから、いまこの一瞬に全力を尽くしながらも、
長いスパンで物事を考えること。
いま踏み出す一歩が、10年後の自分を創る。
そういう気持ちをどこかに持っていると、焦りすぎず、
ちょうどよい一歩が踏み出せるんじゃないかな。
なんてことを考えていたら表題の言葉が出てきた。

◎昨日はガタさんとスペイン戦を観戦。熱かった・・・!