2012/08/10

長く、大きく燃え続ける。


昨日、元塾生の二人がやってきた。
道伴舎の裏手にある「和敬塾」という
伝統ある学生寮で暮らしている二人。
「僕らの世代は熱くないんですよね」
みたいなことをいっていたので、
そんなことはないと思うんだけどなぁ
といったようなことを僕は話していた。

思うに、欲望の対象が複雑になっている。
単純な欲望がどんどん冷めていっている分、
その複雑な欲望を抱けるか抱けないかで、
熱くなれるかどうかが決まるんじゃないかな。
そして、そのためには学ぶことを通じて
世界の複雑さを自分の内に抱けないといけない。

欲望が複雑なものになっていることは
価値観が成熟してきたということであって
否定すべきものでは決してない。
成熟した価値観を十分に引き受けられれば
過去の何時よりも強烈な欲望を持てる。
それも、洗練された欲望を。

彼らを見ているとその方向性は見える。
自分が何かを所有することではなく、
自分が外にある何かに働きかけることに
喜びを見出しつつある彼ら。
すくなくとも僕が20かそこらの時には
そうしたことに自覚的ではなかった。

君たちの世代は君たち以上の世代よりも、
ずっと成熟して、熱くなれる可能性がある。
一瞬で燃えるものは、一瞬にして消える。
でも、燃えにくいものに火が着いた時には
それは長く、そして大きく燃え続けるのだと思う。
そんなものを、彼らの中に僕は見た。

◎今日は夏カゼ気味でした。
 皆様もお気をつけください。特に冷房。