2012/09/13

Free is not free. (1)


道伴舎にも、一応、企業理念というものがある。
「21世紀に学びを解き放ち、
誰もが道を切り拓ける時代を創造する」。
2年ほど前の「理念キックオフ」の時は
新宿のホテルの会議室を借りてお披露目会する、
なんてこともあった(懐かしすぎる!)。

僕としてはなかなか気に入っているし、
諳んじられるスタッフもいたりするのだけれど、
堅苦しいし古めかしいということもあって
口にするのが恥ずかしいのは認めざるをえない。
ので、これは大事な時のためにとっておくとして
もうちょっと口にしやすい標語がほしいな、
と考えて思いついたのがタイトルの言葉。
Freeとは「自由」と「無料」という意味があり、
僕の愛するネットとも親和性の高い言葉。
「自由は、タダじゃ得られないぜ」くらいの意味で。

Googleによれば、どうやら歴史的には
リンカーンが先に言っているようなので
(Freedom is not free.)
僕のオリジナルというわけではないし、
考えたら某サイトの標語の形とドンかぶりなので
(only is not Lonely.)
さすがにこれは使えないだろうと思っている。
とはいえ、このまま忘れてしまうのもすこし惜しい
という気持ちが生まれたので、ここに書き記している。

「午後2時のビール」というブログのタイトルを
つける時に込めたのは「自由」という想いだった。

とはいえ、日々は楽しいことより苦しいことの方が多い。
病気でない人が「健康だなぁ」なんて言わないように、
「自由に生きたい」と思うのは縛るものがあるから。
そんな毎日だからこそ、たとえ小さなことでも
自分の「好き」は大切にしていきたい。
自分の決定権ぐらい、自分で握っていたい。
ささやかだけれど、僕にとって大切なこと。
午後2時のビール。

この時に限らず、「自由」という言葉はいつも
僕のそばで、いちばん下の方で支えてくれていた。
それについて書くと長くなりそうなので、続きは次回。

◎久しぶりの更新となりました!
◎その間に真野のベトナムからの6枚目が届いてました。
 今の塾生がこれを読んで何かを感じてくれるといいな。
◎写真の幡宮のスタッフインタビューが、もうすぐ。